Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. ピカラタウン特集
  3. ソロキャンプって楽しいんです!

ピカラタウン特集
ソロキャンプって楽しいんです!

掲載日:2018/10/15

  • LINEで送る

巷で噂の「ソロキャンプ」。
キャンプ芸人さんなどが、SNSやYouTubeでよく発信してますね!

「憧れるけど、いきなり一人でキャンプするのは敷居が高い」
「え、怖くないの?」
「一人でキャンプって楽しいの?」

今回はそんな疑問に答えつつ、ソロキャンの醍醐味をご紹介します!

(協力:四国ig会・チーム パタゴニャー)

いきなりソロが不安なら、ソロソロスタイルでグルキャン!

周りに「ソロキャンしてみたい!」というお友達はいませんか?初めてのソロキャンは、そんなお友達数人とデビューすると心強いです。ソロキャン経験のあるお友達がいれば、さらに安心!

でも基本はソロなので、それぞれのテントは自分で張り、来るべき本当のソロに備えましょうw

タープを共有してリビングにすると、食事や雑談はお友達と楽しめ、1人の時間を過ごしたい時はそれぞれのテントで過ごす、ソロソロスタイルが楽しめます。焚き火もソロソロにして各々の焚き火台を使うのもよし、1台をみんなで囲むのもよし。1人の時間も仲間との時間も楽しめるので、デビューにはもってこいなのです♪



ソロキャンプに必要なものは?

何回かソロソロで練習したら、いよいよ完全ソロキャンプ!テントも小さいものでOK。「1人で設営できるか」はテント選びの必須ポイントです。1人用だと荷物スペースが限られるので、前室に余裕があるテントだと夜間も安心です(野生動物や防犯対策)。

「ソロキャンだから必要なもの」は特にないのですが、参考までに私が持参するものをご紹介します。※着替えや洗面用具、食事等は割愛

・小型2ルームテントor小さめのワンポールテント(設営が楽チン!)
・小さめのタープ(ワンポールテント時)
・小さめのテーブル
・チェア
・クーラーボックス
・シングルバーナー&ガス
・クッカー
・ランタン(数個)
・シュラフ&マット

場合に応じて…
・小さめのBBQグリル(B6~A4イズのものが各メーカーから販売されています)&炭&火消し壷
・焚き火台&薪
・コット(ベッドやベンチとして使用できるギア)
・ストーブ、湯たんぽや毛布類(冬キャン時は必須)

リビング一体型の2ルームテントが各メーカーから販売されています。タープなしでも使えて重宝しています♪また、クーラーボックスは自分1人の食事&飲み物が入ればいいので、それらがまかなえるものでOK。あとはあなたのお好みで!

映えるお洒落なサイトを作っている人もいれば、ミニマムの限界に挑戦している人も。秘密基地を作ってるみたいでワクワクです♪自分のスタイルを見つけて楽しんでくださいね!



場所の選定

初めてソロキャンをするのであれば、安全面を重視し、管理人さんがいるオートキャンプ場をおススメします。突然の体調不良や怪我など、一人では対応できない出来事が起こったとしても、すぐに助けを呼ぶことができるので安心。利用したことのあるキャンプ場だと勝手が分かっているので更にオススメ。まずは「楽しく怪我なく無理をせず」です!



防犯対策のススメ

高価なギアやオシャレなアイテムが増え、こんな事を考えたくはないのですが、やはり防犯対策はしておいて損はありません。

ソロであるが故にテントが留守になってしまうタイミングがどうしてもあります。フリーフィールドやキャンプ場のフリーサイトは外部の人が混ざっても分かりにくく、深夜に侵入されるケースを残念ながら耳にする事があります。家の防犯対策と同じように、何らかの対策をしているサイトには犯人も近づきにくくなるようです。

多くのキャンパーさんが取っている防犯対策として
・ランタンを付けっぱなしにしておく(火災防止のため電池式のもので!)
・テントの入り口に靴やサンダルを置いておく
・センサー型のライトを設置する
・ラジオ等をかけておく(周囲に迷惑にならない音量で!)
・大切な物はテント内に入れ南京錠をかける → 南京錠はダイヤル式にしておくと「鍵」の紛失防止になります
・キャリーカートにまとめて網で被い、鍵つきカラビナ等で固定する
などがあります。

この一手間で大切なギアが守れると思ったら簡単ですよね。
キャンプ場は盗難の責任を取ってくれません。全て自己責任です。盗難被害を聞くことは滅多にないですが、貴重品は必ず携帯し、持って行けない大切なギア達も守ってあげてくださいね!

ソロキャンプの醍醐味

『一人の時間を存分に楽しむ』
ソロキャンってそれに尽きると思います。
「それって家でもできるんじゃね?」って思うでしょ。
同じ「一人の時間を楽しむ」という行為も、家とフィールドでは全然違うんですよ!

例えば、
テレビの音など日々の喧騒が聞こえない空間。
夕焼けや夜空を見続けられる時間。
柔らかい朝日を浴びながらの散歩。
時にはテントに当たる雨音。
ゆっくり飲むお酒やコーヒー。



********************
私にはお気に入りのフィールドがあって、そこを勝手にホームと呼んでます。
日中に設営し、近場の温泉に入り、諸々準備を終わらせて、夕方になるとリビングからぼんやり海や島々を眺めて過ごします。
冷える季節は焚き火開始。暖を取りながら夜空をぼんやり眺めて、ゆっくりお酒を楽しみます。
翌朝は結構早く目が覚めるので、海岸をシーグラスを探しながら散歩。朝ごはんもその時の気分で作ったり、コーヒーだけにしたり。
そんな気ままな時間をゆたーっと楽しんでます。



ヒーリング効果は絶大。「自分のためだけに流れる時間を気ままに過ごす」なんて、贅沢な時間の使い方ですよね。

ファミキャンやグルキャンは「レジャー」として大いに楽しみ、ソロキャンは「癒し」としてゆったり過ごす。
同じ「キャンプ」でも違う楽しみ方があり、同じ「1人の時間」でも家とは違う時間が流れます。
あーーーーー、またキャンプに行きたくなってきたw

全7回の【キャンプ特集】も今回で最後です!

ベテランキャンパーさんからすると知っていることだらけの特集だったと思いますが、これから始める方やビギナーキャンパーさんの参考になれば幸いです!
ぴーちゃんのぬいぐるみを飾ったテントを見かけたら、それは私。是非声をかけてくださいね~。
ヾ(^_^) byebye!!



★チーム パタゴニャーがRNCラジオ「自分空間」に出演しました。その時の様子はこちら



初心者キャンプ


季節ごとのキャンプ


便利なグッズ


キャンプ飯


大人キャンプ


ファミリーキャンプ


四国のキャンプ場


pagetop

先頭へ戻る

ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんコンシェルジュ新規入会キャンペーン
  • でんかeプラン
ピカラタウンのLINE
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
Pikara WEB メール
お引越し手続き
お問い合わせ
障害情報
ピカラに関してよくある質問

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!