Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. 暮らし
  3. 【わんにゃん生活】日常のお手入れ 犬編

暮らし
【わんにゃん生活】日常のお手入れ 犬編

掲載日:2011/08/03

  • LINEで送る

定期的なシャンプーで常に体を清潔に保ち、爪切りや耳掃除なども必ず行います。

日常のお手入れ 犬編

お手入れが必要な理由

  • 愛犬の体のお手入れは飼い主の大切な責任です。 人間のように毎日お風呂に入ることは必要ありませんが、 定期的なシャンプーで常に体を清潔に保ち、爪切りや耳掃除なども必ず行います。
  • 清潔に保つことはさまざまな感染症予防になりますし、 日頃のお手入れがスキンシップとなり、愛犬との距離も近づきます。 お手入れの最中に愛犬の体の隅々まで観察することができるため、 ちょっとした異変に気付きやすくなり、病気予防や早期発見につながります。
  • お手入れの種類はいくつもあり、自分ですべて行う自信のない飼い主さんは 動物病院やペットサロンでも処置をしてくれますので、相談してみましょう。
歯磨き
犬は人間に比べて、口内環境や歯の形状などによって虫歯になりにくい傾向にあります。 代わりに歯周病にはなりやすいため口臭などにその症状が表れます。 予防策として大切な歯磨きは、毎食後30分以内に行うようにしましょう。 指にガーゼを巻き、犬の歯の表と裏や歯茎を全て磨くようにします。 しかしある日突然行うのは難しいため、 まず口の中に指を入れられることを嫌がらないように慣らせましょう。 慣れるまでは数日置きでもかまいません。 最近では犬用のデンタルグッズもさまざまな種類が販売されています。 より手軽に歯磨きできるものもありますので、愛犬に合ったものをいろいろと試してみましょう。

肛門腺絞り
犬の肛門の両脇には肛門腺という袋が1つずつあります。 現在ではほとんど必要のなくなったその機能は、かつて犬がまだペットとしての地位を築く前、 自分の縄張りを示すためにフンに臭いをつけるためのものでした。 しかし現在でも残っているその機能のために、袋にたまった液体を定期的に排出させる行為が必要です。 これを肛門腺絞りと言います。 放っておくとそのまま破れてしまい、手術が必要になることもありますが、 しかしお手入れの最中にあまり強く絞ると袋が破けてしまうこともありますので、 はじめから無理に自分で行おうとせずに、 慣れるまで動物病院やペットサロンなどにお願いして絞り方をしっかり覚えましょう。 また感染や炎症などを起こしやすい場所でもあるので、そのような症状があらわれた場合は すぐに動物病院へ行きましょう。

爪切り
室内で飼われることが多くなった最近の犬には爪切りというお手入れが必須項目になりました。 犬の爪には血管や神経が走っており、爪切りの最中に血が出てしまうこともあります。 爪が伸びると中の血管や神経も伸びてしまうため、犬が痛がり爪切りを嫌がって暴れる場合もあります。 こまめな爪切りが飼い主と犬両方の負担を減らします。 爪切りの際とても大切なことは保定(犬が動かないようにしっかりと押さえること)です。 しかしあまり力を入れて押さえつけると、犬の関節を痛めてしまう場合もありますので 注意しましょう。はじめてでよくわからない場合や不安な時には動物病院などに処置をお願いしましょう。

耳掃除
犬種によって耳の形が異なります。 シーズーなど垂れ耳の犬種は、シバ犬などたち耳の犬種よりも耳の中が蒸れやすく 汚れがたまりやすいため、耳の病気にかかりやすい傾向にあります。 さらに長毛種の場合は耳の中の毛を抜いてあげることも必要です。 耳の中の病気は完治しても再発を繰り返すことが多いため、予防のためにも定期的な掃除で しっかり予防してあげましょう。 犬の耳はとても敏感ですのではじめから無理に自分で行おうとせずに、 慣れるまでは動物病院やペットサロンなどにお願いし、掃除の仕方をしっかり覚えましょう。

トリミング
トリミングとはさまざまな技術で犬の被毛を整える技術のことを言い、 長毛種には多くのお洒落なカットスタイルが存在します。 伸び続ける犬の毛はそのまま放っておくと毛が絡み合いダマになったりします。 毛玉は不衛生で皮膚病の原因にもなりますので、長毛種の場合は特に定期的にカットするなど お手入れが欠かせません。


pagetop

先頭へ戻る

ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラタウンのLINE
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter