Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. 暮らし
  3. 【わんにゃん生活】犬のしつけシリーズ 【2】基本のしつけ

暮らし
【わんにゃん生活】犬のしつけシリーズ 【2】基本のしつけ

掲載日:2011/05/06

  • LINEで送る

食事・おやつ・おもちゃなどを与える時、できるだけ「ヨシ」と声をかける。などなど。

「ヨシ」と「ダメ」

食事・おやつ・おもちゃなどを与える時、できるだけ「ヨシ」と声をかけるようにしましょう。
犬は「ヨシ」という言葉で嬉しいことがあると認識するようになります。

反対に「ダメ」は、やってはいけないことをしようとした瞬間に低い声で「ダメ」と言って、行動を制します。
従った場合はすぐに「ヨシ」と優しくほめてあげましょう。

お座り

お座りは基本の姿勢です。飛びつきなどの興奮行動を抑えることにも役立ちます。
ドッグフードを一粒つまみ、犬の鼻の上からゆっくりと背中(犬の後方)に移動させます。
犬はフードを見上げる姿勢になり、そのまま流れでお尻を地面につけお座りの姿勢になります。

お尻を地面に着いたら、すぐにほめながら撫で、つまんだフードを与えましょう。
数回繰り返すことで犬は、「お尻を地面に着くとご褒美がもらえる」と認識します。


待て

多くのシーンで活躍するコマンドです。これができれば危険な行動なども制止することができます。

ドッグフードを一粒つまみ、犬に「お座り」とコマンドを出します。 「待て」と言いながら、つまんだフードを犬の前足から30センチほど離れた地面に置きます。 この時点で動き出してしまうなら、軽く押さえて5秒ほど動きを制止します。 5秒ほど待たせたら、「よし」と言いながら地面においたフードを食べさせます。
繰り返し行い、徐々に「待て」の時間を伸ばしていきましょう。

ハウス

急な来客や緊急時、お留守番をさせる時などに役立ちます。

(1)ドッグフードを一粒つまみ、犬に見せながらハウスの中に誘導します。 (2)ハウスに犬の体が全て入ったら、「ハウス」とコマンドし誘導していたフードを与えます。
上記(1)(2)を繰り返し、「ハウス」のコマンドに従うことができるようになったら 、「待て」とコマンドを出しハウスの中で待たせるようにします。

短い時間(5秒程度)から徐々に伸ばしていきましょう。
ハウスの扉を閉めて外からフードを1粒与え、ほめてあげましょう。 ハウスの中に入り、待機することを覚えます。




犬のしつけシリーズ 【3】基本のしつけ PART2へ…

pagetop

先頭へ戻る

ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラタウンのLINE
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter