Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. 暮らし
  3. 人間ドラマは4年に一度 【帰来雅基のシネマな生活】

暮らし
人間ドラマは4年に一度 【帰来雅基のシネマな生活】

掲載日:2012/02/26

  • LINEで送る

フツーの人よりもかなり大柄なので、初対面の人からはよく「何かスポーツをやってたんですか?」と聞かれるのだが、実はこれが一番心苦しい。

今年はオリンピックの年!

フツーの人よりもかなり大柄なので、初対面の人からはよく「何かスポーツをやってたんですか?」と聞かれるのだが、実はこれが一番心苦しい。学生時代から映画ばかり見てきた訳でスポーツとはまったく無縁の人生を送ってきたのだ。ただ、自分で体を動かすのは面倒なのだがスポーツ観戦は大好きであり、特にオリンピックとなるとこれはもう尋常ではないほどハマってしまう。

4年に1度の大舞台に賭けるアスリートたちの気迫と超人的な技術。人間の限界に挑む肉体の躍動美。そして勝者のヒロイズムと力を出し切れず去っていく敗者の美学とセンチメンタリズム。国家ナショナリズムの権化だとか、商業主義への批判といった様々な指摘はあるが、それでもやはりオリンピックという場は特別なステージではないかと思う。

今年はロンドンオリンピック開催の年。映画ファンとしては、「オリンピックと映画」という視点から考えてみる絶好の機会でもある。オリンピックそのものをテーマにした作品から、オリンピックに関わる人々の人生を描いたドラマまで、古今東西のオリンピック映画を思い出してみると・・・・

オリンピック映画といえば・・・・・

まず、選手たち側のドラマを描いた作品の最高傑作が「炎のランナー」だろう。アカデミー作品賞5部門を受賞したこの名作の背景は1924年のパリオリンピック。2人の陸上選手を通じて、走る事の意味、国家を背負う重圧、人間としての尊厳といった深いテーマが叙情的に描かれる。ヴァンゲリス作曲のテーマ曲はもはや20世紀のスタンダードナンバーでもある。冬季オリンピックでは、南国ジャマイカからボブスレー競技に参加した選手たちを明るく陽気に描いたコメディ「クール・ランニング」が実に楽しい出来である。

そしてオリンピックといえば、忘れてはならないのが「公式記録映画」という存在だ。オリンピック憲章には「競技の全体を必ず映画として完全な形で記録するように」と明記されており、1960~70年代はそういった映画が全国の劇場で一般上映されていたのである。なかでも、日本映画観客動員数歴代1位の座を今も譲らない市川崑監督の「東京オリンピック」はスポーツドキュメンタリィの傑作だ。特に「敗者への眼差し」に映画的感興があり、公開当時は「記録か芸術か」という大論争を巻き起こしたものだ。そして冬季なら篠田正浩監督の「札幌オリンピック」だろう。当時は珍しかった長望遠レンズで捉えられた競技のダイナミズムと、初めてのアイドル選手となったフィギュアのジャネット・リンの姿が印象的だった。リリシズムならクロード・ルルーシュ監督の「白い恋人たち」にトドメをさす。一切のナレーションを省き、フランシス・レイの音楽のみをバックに描かれるのはまさに“映像詩”。今でもウィンタースポーツのシーンになるとこのメロディが流れるのがうれしい。

炎のランナー
炎のランナー
クール・ランニング
クール・ランニング

4年に一度の人間ドラマ

21世紀の今、ほとんどの競技はハイビジョンで生中継され、家庭でも臨場感溢れる映像がテレビで楽しめる時代となった。このデジタル時代にわざわざ映画館に映像を見に行かなくても事足りるのである。その意味では「公式記録映画」というジャンルはもうビジネスとしては成立しないという事なのだろう。しかし、選手、関係者を始めとした人間たちの喜怒哀楽の人生は必ず劇的な展開を見せるはずだし、そういった感情の機微をすくいとって一編の物語として紡ぐ事ができれば、それは立派な映画ということになるのだ。

競技そのものの展開はリアルタイムで楽しめるだろうが、それにも増してエモーショナルで人間くさい物語が見たいのである。世界中から集まる何万人ものアスリートたちに、関係者、観客たち。今年の夏、ロンドンでどんなドラマが待ち受けているか?!映画ファンとしては、優れたオリンピック映画の誕生を楽しみに待っていたいと思う。

 市川崑 長篇記録映画 東京オリンピック
市川崑 長篇記録映画 東京オリンピック
 札幌オリンピック
札幌オリンピック
 白い恋人たち
白い恋人たち

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラ15周年記念プレゼントキャンペーン
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter