Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. 葛城神社[徳島県鳴門市]|四国の神様、御利益の旅。

観る・学ぶ
葛城神社[徳島県鳴門市]|四国の神様、御利益の旅。

掲載日:2013/06/15

  • LINEで送る

古くから、神様と上手にお付き合いしてきた日本人。生命が誕生したらお宮参り、お正月には初詣、家を建てる時には地鎮祭、そして受験生はお守りを握りしめる。時にはクリスマスを楽しんだりもするけれど、やっぱり神様は私たちの心の拠り所。そうそう、こんな話、知っていますか? 高知の郷土料理である皿鉢料理、そのルーツは五穀豊穣の祈願祭や収穫祭の時に、神様にお供えする料理だったのです。お供えの後は、神様と人が一緒に直な おらい会という宴会を楽しみました。日本には八百万の神様がいらっしゃいます。もちろん四国にも、私たちを支えてくれるたくさんの神様が手を広げて待っていてくださいます。さあ、四国の神様に会いに行きましょう。

四国の神様、御利益の旅。03葛城神社[徳島県鳴門市]

葛城神社[徳島県鳴門市] 葛城神社の御利益は、平仮名で「め」と書かれた絵馬を見れば一目瞭然。眼病に御利益のある神様として信仰を集めている。なぜ眼病なのか。それは第三十九代天智天皇(626~672)に随行してこの地にやってきた葛城一言主神(かつらぎひとことぬしのかみ)が、落馬して呉竹の切り株で目に怪我を負ったことに由来する。怪我は完治したが、目の見えない苦しみを忘れることなく、守護神として目の見えない方をお救いしようと誓願をたてたためだ。御祭神が傷を治療されたといういわれのある御神水は、柳の井戸と呼ばれており、今も訪れる人が目を洗ったり、持ち帰ったりしている。


葛城神社[徳島県鳴門市] マスコット犬の、その名も「犬」が寝そべる神社の雰囲気は、厳かというよりも親しみやすい。ところが、本殿脇の山道を登って奥宮社に行くと、空気は一変する。ここは山全体が神域。手つかずの木々が鬱蒼と生い茂っていて、木々を揺らす風の音、土や植物の匂い、木漏れ日の温もりなど普段は気に留めない自然のメッセージが強く響く。目だけではなく、耳も鼻も、研ぎすまされたようだ。


参拝自由。JR鳴門駅から車で約30分。
創建は天喜年間(1053~1057年頃)。
大祭は春季(4月5日)と秋季(11月5日)に行われる。


〔情報提供:四国旅マガジン GajA〕

スポット情報

住所 徳島県鳴門市北灘町粟田字池谷2
電話番号 088-682-0135

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter