Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. 大麻比古神社[徳島県鳴門市]|四国の神様、御利益の旅。

観る・学ぶ
大麻比古神社[徳島県鳴門市]|四国の神様、御利益の旅。

掲載日:2013/07/20

  • LINEで送る

古くから、神様と上手にお付き合いしてきた日本人。生命が誕生したらお宮参り、お正月には初詣、家を建てる時には地鎮祭、そして受験生はお守りを握りしめる。時にはクリスマスを楽しんだりもするけれど、やっぱり神様は私たちの心の拠り所。そうそう、こんな話、知っていますか? 高知の郷土料理である皿鉢料理、そのルーツは五穀豊穣の祈願祭や収穫祭の時に、神様にお供えする料理だったのです。お供えの後は、神様と人が一緒に直な おらい会という宴会を楽しみました。日本には八百万の神様がいらっしゃいます。もちろん四国にも、私たちを支えてくれるたくさんの神様が手を広げて待っていてくださいます。さあ、四国の神様に会いに行きましょう。

四国の神様、御利益の旅。13 大麻比古神社[徳島県鳴門市]

大麻比古神社[徳島県鳴門市] 大麻比古(おおあさひこ)神社は、平安時代初期に編纂された「延喜式」に阿波国50座のうちの大社として既にその名が記載されている。つまり約1100年前、既に当地を代表する神社であったということだ。大麻山を背にたたずむ神社の御祭神は、大麻比古大神(おおあさひこおおかみ)と猿田彦大神(さるたひこおおかみ)の二神。大麻比古大神は、阿波国を開拓した忌部氏の大祖先にあたる。地元の方は親しみを込めて二神を「大麻はん」と呼び、方除けや厄除け、交通安全の神様として厚く信仰している。
面白いのは本社裏手の心願鏡の池に架かるめがね橋。約92年前、ドイツ人俘虜が作ったミニチュアの石橋だが、なぜかカップルで渡ると絆が深まるという噂が広まり、今年の正月には橋が壊れてしまうのでは…と危惧するほど大勢の人が 渡ったという。また、樹齢1000年の御神木(大楠)の幹に空いた大きな穴にお賽銭を投げ入れると願いが叶うという話もいつの間にか定着。いずれも、大麻はんを慕う人が生み出した新たな御利益だ。


参拝自由。JR鳴門駅から車で約20分。
例祭は11月1日、奥宮例祭旧暦7月18日。


〔情報提供:四国旅マガジン GajA〕

スポット情報

住所 徳島県鳴門市大麻町板東字広塚13
電話番号 088-689-1212

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラ15周年記念プレゼントキャンペーン
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter