Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 買う・名産品
  4. 日本型バイオテクノロジーのパイオニア 勇心酒造株式会社/香川県綾川町

買う・名産品
日本型バイオテクノロジーのパイオニア 勇心酒造株式会社/香川県綾川町

掲載日:2013/11/13

  • LINEで送る

香川県から高知県へと通ずる国道32号線沿い、道の駅・滝宮を少し南へ行くと、蔵を思わせる建物が見えてくる。それが今回訪問した、勇心酒造株式会社。


お米の力を引き出す

勇心酒造のお酒 勇心酒造は安政元年(1854年)、香川県宇多津町で創業。以来150有余年、造り酒屋を営んできた。 昭和30年代に入り、日本酒業界が低迷し始め、徳山孝社長が跡を継いだ昭和47年(1972年)頃には、深刻化。そこで、「今までに培ったお酒の醸造発酵技術を生かして、何かできないか・・・」と考える中で、明治以降行われていなかった「お米の力を引き出す、機能性素材の研究開発」に取り組んだ。


その経緯について、ブランド事業部部長の徳山孝仁さんに伺うと、
「ヨーロッパにはワインなどの醸造発酵技術があるけれど、日本にはもっと高度な技術があります。材料のお米は、日本人が長年、主食として食べ慣れていて、健康の維持にも役立ててきた。日本人にとって、お米は親和性がある食品なんです。こういう考えから、お米と高度な醸造発酵技術を使って、『お米の総合利用の研究』を開始したんです。」
と話してくれた。


開発途中には、いろいろな困難が・・・

勇心酒造のお酒 「お米の総合利用の研究」を開始してから約40年。その間、次々と『ライスパワーエキス』が生まれて、今では36種類にもなる。しかし、その開発途中では、研究開発の資金が時には年間1億円にも及ぶことがあり、本来の清酒製造で収益をあげても、かなり厳しい時があった。


「そんな時支えてくれた人がいるんです」と、一番に名前が挙がったのが、徳山社長の大学時代の後輩であり、酒造仲間でもある、宮城県の㈱一ノ蔵 鈴木元会長(故人)。鈴木元会長曰く、「僕は営業するから、君は研究開発を・・・」と、無償で様々な支援を申し出てくれたと言う。またその後も、地元企業からの支援、国や県からも支援を受け、研究を続けていったそうだ。


画期的なライスパワーエキス

勇心酒造のお酒 「ライスパワーエキスにも、いろんな味があるんですよ」と、徳山さんは言う。
甘味や酸味、無味無臭まで、お米を醸造発酵し微生物と融合して出来上がった「ライスパワーエキス」はいろんな効用を持つ物質になる。


勇心酒造のお酒「ライスパワーエキスって、ほんとに体に優しいんですよ」とおっしゃったので、「どのくらいですか?」と聞くと、「エキスの中には、蒸留水よりも刺激が少ないというデータが出ているんです」と話してくれた。まさに体に優しい、自然由来といって間違いない。


勇心酒造のお酒『ライスパワーエキス№11』を有効成分とする「アトピスマイル」という商品。「化学物質を混ぜ合わせた治療薬と違って、自然界の原料を使ってできた商品だから、「体に優しく、『症状が改善した』と、多くのアトピー患者さんに喜んでいただけました」と満足の笑みを浮かべながら、話してくれた。


この『ライスパワーエキス№11』の効用は「皮膚水分保持機能の改善」。これは皮膚に関する医薬部外品の認可を受ける際には、大変に苦労したと話されていた。しかし、その苦労の甲斐あって、戦後初の新効能追加として認可されるという画期的な快挙を成し遂げた。


醸造発酵技術+バイオテクノロジー=日本型バイオテクノロジー

勇心酒造のお酒 約11年前に『ライスパワーエキス№11』を用いた「アトピスマイル」を商品化して以来、“お米のパワーは美容にもいいはず!”と約8年前より化粧品業界に進出した勇心酒造。


「私たちは研究開発企業です」
と、ブランド事業部部長の徳山さんは言う。
社長が研究開発を始めた、米の醸造発酵技術と最新のバイオテクノロジーの融合によって、ライスパワーエキスが生まれた。勇心酒造の技術は世界のどこにもない「日本型バイオテクノロジー」といえる。


勇心酒造のお酒 「わが社は、世の中に役立つもの、世の中になかったものを生み出し、社会に貢献して行く為に、お米の力の可能性を信じ、これからも研究開発を続けていきます」
と、徳山さんは話してくれた。


勇心酒造の揺るぎない信念と、真摯に研究に取り組む姿に、お米に限らず、四国人の秘めたるパワーを感じた。



※本記事は2013年10月22日取材時の情報です。

当選者の方々からご感想 ~その一部をご紹介します~

プレゼント商品の「勇心 吟醸」の感想とともに、お酒に合うお料理を教えていただきました。

ご感想≫
すっきりした飲み味で、ついつい飲みすぎました。普段あまり日本酒は飲まないのですが、この冬は熱燗で晩酌したいと思います。
お料理≫
まいたけとしめじのバター焼き

(徳島県・“晩酌大好きおじさん”さん)

ご感想≫
わたしのお酒の使い方は、大根のおでんを作るときに、隠し味としていれます。そうする事で柔くあじがしゅんだ大根が出来上がります。練りカラシを添えるとより一層美味しさが増します。
お料理≫
大根(おでん)

(香川県・ともさん)

ご感想≫
米の味が口の中に広がり、やや辛口といっても甘味があって、いろんな料理によく合います女性にもぴったりの美味しいお酒でした。
お料理≫
日本料理(刺身や天ぷらなど)

(徳島県・愛海夢さん)

ご感想≫
フルーティーな香りで、酒飲みの私には、少し甘いように思われました。
お料理≫
魚のタタキには、ぐれ、あじなど何でも合うと感じました。 個人差はあると思いますが、女性も一度試されたら良いと思います。それから、意外にも私の男料理の「スモークサーモンと玉ねぎのマリネ」にもグッドでした。フライには余り合わないと感じました。

(高知県・土佐の酔狂じいじさん)

ご感想≫
香りがよく、しっかりとした味でおいしい。
お料理≫
ごま豆乳鍋

(愛媛県・“たかちゃん”さん)

ご感想≫
お正月に開封し 神酒とする。「勇心 吟醸」はすごくまろやかで喉ごしの良い酒です。「晩酌の友」に出会いました。

(香川県・まどか 7さん)


スポット情報

住所 香川県綾歌郡綾川町小野2088-1
電話番号 087-876-4111
URL http://www.yushin-brewer.com/

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラ15周年記念プレゼントキャンペーン
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter