Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. 日本昔話にも登場する「双名島」/高知県高岡郡

観る・学ぶ
日本昔話にも登場する「双名島」/高知県高岡郡

掲載日:2009/01/09

  • LINEで送る

今回は、高知県中土佐町久礼の「双名島」。
またまた、高知出張中にRKCプロダクションの川﨑専務からカツオの町、土佐の一本釣りで有名な「中土佐町久礼の双名島」を教えてもらった。

久札の人を助けに来た鬼

今回は、高知県中土佐町久礼の「双名島」。

またまた、高知出張中にRKCプロダクションの川﨑専務からカツオの町、土佐の一本釣りで有名な「中土佐町久礼の双名島」を教えてもらった。この双名島は、なんと、日本昔ばなしにも登場するんだって。でも、そういえば、最近仕事の打合せなのにいつからか島の話しになってる事が多いよな~。まっいいか…。

ところで、川﨑専務からこの双名島には伝わる鬼の昔話を教えてもらった。

昔、台風や高波に困っていた久礼の人たちを瀬戸内の鬼が島の鬼が子鬼を連れ、鉄の棒に大きな岩を二つ突き刺して、助けに来たんだって。でもさすがの鬼も四国山脈を越えるのがやっとで、久礼にたどり着いた時は、もうふらふら。最後の力を振り絞って大岩を突き刺した鉄の棒を海に向かって投げたのが双名島になったということらしいよ。それから、双名島が防波堤になって台風や高波から久礼の人たちを守ってるんだって。 でもこの親鬼、自分は海に沈んだんだけど、子鬼だけは助けたんだ。でも子鬼は親鬼を探して、泣いて、探して、泣いて。子鬼も今は湾にある岩になってるらしい。こんな話を聞いたら、行くしかないね。

それに、この双名島の近くにはお母ちゃんの市場「久礼大正町市場」あるし、景色も最高だって。早速、行こう。

酒蔵発見!

高知市から国道56号線をひたすら西へ。

すると、久礼近く「酒蔵ギャラリー」の看板が。何だろうかと思っているとJR久礼駅の近くの「西岡酒造」さんに「酒蔵ギャラリー」の看板が!早速、酒蔵ギャラリーを見せてもらいたいとお願いすると、こころよく「いいですよ、どうぞ」って。

酒蔵に足を踏み入れると、プ~ンとお酒のにおいが。日本酒好きの人にはたまらないんだろうな!この酒蔵は、220年以上も前の酒蔵で、高知県では最も古い酒蔵だって。 貴重だよね。それに西岡酒造さんには、青柳裕介さん「土佐の一本釣り」のマンガの原画?もあり、おすすめだね。いいものが見えたね。 島めぐりをしていると、色々いいものが見えるな~。


西岡酒造さんには酒造ギャラリーがある

お酒の香りがする酒造

220年以上の歴史がある、高知で一番古い酒造

双名島はまさに…

その後、本日の目的地「双名島」へ。海岸沿いを走っていると、見えてきました「双名島」。鬼が鉄の棒に二つの大岩を刺して運んできてっていうけど、その通りの景色だ。いい眺めだ!海も透明度抜群で最高だね。いい所だ。

手前の島には観音様もまつられているんだ。奥の島には頂上に灯台があり、灯台までいく狭く、スリル満点の階段もあったよ。上まで行く人は気をつけてね…。

島って言えば、瀬戸内だけど、太平洋側にも色々な島があるな~まだまだあるんだろうな~楽しみ楽しみ!!!

帰りに、久礼大正町市場に立ち寄り、市場の雰囲気を味わい帰ってきました。

スポット情報

住所 高知県高岡郡中土佐町久礼

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラ15周年記念プレゼントキャンペーン
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter