Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. グルメスポット
  3. カフェ・ベーカリー
  4. 神山梅屋・粟カフェ/徳島県名西郡

カフェ・ベーカリー
神山梅屋・粟カフェ/徳島県名西郡

掲載日:2017/05/31

  • LINEで送る

「だいすき神山!」その気持ちをカタチに

アーリーリタイアして神山に根をおろす<中山竜二さん>

企業人として全国を転々としていた中山竜二さんは、高松支店に赴任していた6年前、地元の新聞で「グリーンバレー」のことを知った。「すぐに『イン神山』のサイトを見て、売り家の情報を知り、その週末には神山町に来ました」。即決でその家を購入し、翌年には会社を辞め神山町に移住した。「転勤族なので地域との交流がもてない。会社と家を往復するだけの日々に、どこかむなしさを感じていました。定年後に田舎暮らしを…と考えていましたが、それを前倒ししたような格好になりました」。

神山町に来て、最初に取り組んだのは地元の食品の製造・販売。「神山梅屋」の屋号で、地元特産の手もぎの梅をジャムやドレッシングにして売り出した。その延長線で、3年前に地産の食材を使う「粟カフェ」を開業。「自分が何をやりたいかだけではなく、神山町で必要とされることを生業にしようと考えました。よそから来た人間だからこそ気づける神山町の食の魅力を伝えていきたい」。現在は「だいすき神山!」というブランドを立ち上げ、神山町の魅力発信に思いをめぐらせている。

住所:徳島県名西郡神山町神領字本上角118-1
電話:050-2024-2062
営業時間:11:30~17:00
定休日:木・金曜
駐車場:あり

(提供:四国旅マガジンGajA)

「女性が元気な田舎は全国にあるけれど、神山町はおじさん、おじいさんも元気。私も地元の方に触発されて、いろんな活動に意欲的になりました」と話す中山さん。先日は地域の人とともに芝居に出演。堂々と主役をはった。



たまたま顔を見せたのは地元の野菜や果物を使ったジェラートをつくる「アネラ ジェラートファクトリー」の岡田恭秀さん。「移住者の方たちの存在が良い刺激になり、町に活気が出ています」と話す。


「粟カフェ」で販売している「アネラ」のジェラートは270円〜。スダチやユズなど地元の食材の風味を活かしている。


「日替わりランチ」(780円)や「玄米カレーランチ」(780円)など老若男女に愛される素朴な献立が評判。


「粟カフェ」の店名には「OURカフェ」の意味もある。町民みんなにこのスペースを活用してほしいと願っている。

スポット情報

住所 徳島県名西郡神山町神領字本上角118-1
電話番号 050-2024-2062

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんコンシェルジュ
  • でんかeプラン
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
Pikara WEB メール
お引越し手続き
お問い合わせ
障害情報
ピカラに関してよくある質問

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!