Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. グルメスポット
  3. カフェ・ベーカリー
  4. 自家焙煎とよとみ珈琲/徳島県徳島市

カフェ・ベーカリー
自家焙煎とよとみ珈琲/徳島県徳島市

掲載日:2018/01/16

  • LINEで送る

“ PEACE!”の象徴であるコーヒーを愛を込めて、丁寧に

「小学生のとき、ドラマ『探偵物語』の主人公がサイフォンでコーヒーを淹れているのに憧れて。中学時代にはコーヒーの飲み過ぎで具合が悪くなったこともあるよ」と笑う豊富正史さん。玉川大学農学部に進学後は、暇を見つけては有名店を訪ね、自宅でドリップコーヒーを楽しんだ。でもコーヒーはあくまでも趣味。ジーンズや音楽などアメリカンカルチャーに魅了され、卒業後はジーンズショップに就職。ゆくゆくは服飾雑貨店を開業しようと考えていた。

ところが、どんなに良い衣類や雑貨を探しても、同じモノがネット販売でより安価で手に入れられるようになっていた。「仕入れたモノを売るより、自分がつくったモノを売る方がきっと楽しい」と考え、大好きなコーヒー店へと目標をシフト。小さな焙煎機を買い、自家焙煎の店を始めた。彼は大学時代、農学部で土にまみれる楽しさを知っていた。「コーヒー豆も農産物なんだ」という当たり前のことに気付き、良い生豆を探していたある日、神戸の「マツモトコーヒー」行き着いた。店主の松本行広さんの教えを受け、焙煎の腕を磨き、豆への想いを深めた。

転機となったのは、数年前、コーヒー豆の産地に足を運び、生産者と直接対話したこと。インドネシアを皮切りにコロンビア、グアテマラ、コスタリカ、ブラジル。各地の農園に出かける度に「つくりたいコーヒー」が明確になってきた。

豊富さんの大好きな言葉は“PEACE!”。「平和じゃなかったら豆の栽培もできないし、日本まで届かない。この一杯を美味しく飲めるのも、今が平和だからこそ」。彼が理想とするのは、平和の喜びを感じられる一杯だ。そして、今はその美味しさの数値化に取り組んでおり、焙煎の際に火力や排気をデジタルでコントロールできる完全熱風式焙煎機「Revolution」を導入した。産地で得たアナログな感情も大事。再現性を高めるハイテクも大事。そのバランスが、“PEACE !”な一杯を生み出している。

住所:徳島県徳島市末広2-1-42
電話:088-655-8052
営業時間:9時~19時(豆の販売は~20時)
定休日:水曜
駐車場:あり

(提供:四国旅マガジンGajA)


「波のりと猫も好き」と笑う豊富さん。コーヒーはブレンド、ストレートともに500円。




豊富さんにとって3台目の焙煎機「Revolution」。この焙煎機との出会いも、彼のコーヒーを進化させた。


あずきサンド400円。あっさりした餡は豊富さんのお母さんのレシピ。


「コーヒーは農産物」。それを語りかけるようにディスプレイされたコーヒーチェリー。


友人がつくってくれた、“PEACE!”なイメージのロゴマーク。


焙煎の温度を0.1度単位で管理するために。綿密にメモをとっている焙煎ノート。


アメリカンカルチャーを愛する店主。常連たちがもちこんだステッカーは増える一方。

スポット情報

住所 徳島県徳島市末広2-1-42
電話番号 088-655-8052

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラ15周年記念プレゼントキャンペーン
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter