Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. グルメスポット
  3. カフェ・ベーカリー
  4. 14g/徳島県徳島市

カフェ・ベーカリー
14g/徳島県徳島市

掲載日:2018/01/16

  • LINEで送る

特別な一杯より、毎日飲めるコーヒーを

「僕はコーヒーロースターだけど、蘊蓄を語るのは好きじゃない。だって、たかがコーヒー。決して特別なものではないですよね」。「14g」のオーナー庄野雄治さんは、静かに語りはじめた。彼の焙煎工房「aalto coffee」の名は、全国に知られている。というより、まず四国外で人気に火が付き、その後、地元でも注目されるようになった不思議な店だ。

庄野さんは31歳まで旅行代理店で営業マンをしていた。働くうちに気付いたのは、自分が雇われ仕事にはあまり向いていないこと。「徳島には自家焙煎店が多いので、何となく」と焙煎人になろうと決めた。神戸で焙煎を学び、焙煎機を購入。二人目の子どもが生まれた36歳のときに「aalto coffee」を開業した。

一見、クールな庄野さんだが、人を喜ばせたいという気持ちは人一倍強い。では、人を喜ばせるコーヒーとは…と考えたとき、彼が出した答えは、毎日気軽に飲むことができる値段で、鮮度が良くて、まあまあ旨いコーヒー。豆はスーパーや量販店でも売っていて、ワンコインで飲めるコーヒーもある。「そこと勝負するためには、まずハードルを下げること。特別な一杯より、毎日飲めるコーヒーを」が彼の方針だ。

また「古くなった豆を叩き売りするのは嫌、だからといって捨てるのも嫌」と、扱っているのはブレンド2種、ストレート6種。常に鮮度の良いものを提供するための策だ。ドリップパックやリキッドを売らないのにも理由がある。「煎りたて、挽きたて、淹れたてが美味しいのだから、できれば豆を買って、家で挽いて、自分で淹れる豊かさを味わって欲しいと思っています」。

2014年に開業した看板のないカフェ「14g」は、交流の場として設けたステージ。パンづくりやサービスに長けた友人を呼び寄せ、「aalto coffee」と過ごす時間を提供している。ここはギャラリーや音楽イベントの会場にもなる。「コーヒーに対する考え方は、やればやるほどシンプルになってきました。気軽に、好きなように飲んでもらえばいい」と笑う庄野さん。“たかがコーヒー”という言葉の奥には、コーヒーへの深い愛情が感じられた。

住所:徳島県徳島市東新町1-14-2F
電話:080-6282-3266
営業時間:10時~18時
定休日:火・水曜
駐車場:なし

(提供:四国旅マガジンGajA)


コーヒー豆のメジャースプーン1杯分の量は約14g。店名はそこから付けた。コーヒーはいずれも1杯450円。


焼きたての自家製酵母のパンも人気。テイクアウトもできる。


「ミルクや砂糖を入れずに飲んで…なんていうのはナンセンス。飲みたいように飲めばいいと思います」。「14g」ではコーヒーに牛乳を添えている。


『たぶん彼女は豆を挽く』『ABOUT COFFEE(コーヒーの絵本)』(ともにミルブックス刊)。コーヒーに関する庄野さんの著作。


豆はいずれも100g 500円、200g 900円、500g 2,000円。開業以来変わらない値段には「コーヒーを気軽に」という彼の想いが込められている。



スポット情報

住所 徳島県徳島市東新町1-14-2F
電話番号 080-6282-3266

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラ15周年記念プレゼントキャンペーン
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter