Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. [2番札所]日照山 無量寿院 極楽寺/徳島県鳴門市

観る・学ぶ
[2番札所]日照山 無量寿院 極楽寺/徳島県鳴門市

掲載日:2018/06/21

  • LINEで送る

宝物や庭園、見どころの多い寺院

行基が開基。弘法大師がこの地で21日間修行をし、結願の日に現れた阿弥陀如来の姿を彫刻し本尊とした。

戦国時代に各地で兵火が起き、極楽寺も土佐の長宗我部氏の攻撃を受けたが、信者の努力もあって、万治2年(1659)には現存する本堂が再建された。願掛け地蔵や、石と樹木をうまく配置した美しい庭園も整備。

本堂と大師堂は庭園先の小高い丘の上にあり、その下には観音堂、薬師堂、鐘楼、大師お手植えの「長命杉」、仏様の足型をかたどったとされる「仏足石」などがある。宝物も多く、中でも絵図「両界曼荼羅」は、南北朝時代のものと推測される。

住所:徳島県鳴門市大麻町檜字段の上12
電話:088-689-1112
宿坊:あり(個人利用は団体予約がある時のみ可)
駐車場:あり(無料、50台)境内まですぐ
アクセス:板野ICから県道12号に入り、鳴門市方面へ走って左手。約5分。藍住ICからは県道1号・12号経由で約10分。
○極楽寺~金泉寺は車で約10分。

(提供:四国旅マガジンGajA)

境内

本堂は、庭園を抜けて、44段の石段を上ったところに位置している。堂内に安置されている本尊の阿弥陀如来は坐像で、国の重要文化財に指定されている。

昔、この阿弥陀如来坐像から差す光が遠く海まで達し、驚いた魚たちが逃げてしまった。そのため不漁続きとなり、困り果てた漁師たちは、阿弥陀様にお願いして、本堂の前に小山を築いて光を遮ったという。この伝承が、日照山という山号の由来となっている。

本尊は秘仏のため公開されていないが、境内の平地に本尊と同体の阿弥陀如来石仏が設置されており、これは愛知のお遍路さんが建立したもの。誰でもお参りすることができる。


鮮やかな朱塗りの仁王門には江戸時代作の仁王像が納められている。


石段を上ったところにある本堂。

御詠歌/極楽の弥陀の浄土へ行きたくば南無阿弥陀仏口ぐせにせよ
本尊/阿弥陀如来
真言/おん あみりた ていぜい からうん
宗派/高野山真言宗
開基/行基菩薩


見どころ


安産大師
明治の頃、大阪の女性が大師の夢のお告げによって四国遍路を始めたところ、極楽寺で急に産気づいた。しかし「最後まで巡り続けよ」との大師のお告げがあり、産気はおさまって結願後に無事男の子を出産したという。この女性が奉納した大師像は安産大師と呼ばれており、子宝や安産のご利益がある。


長命杉
樹齢1100年以上の巨木は、弘法大師がこの地での修法を終えた時に、寺を末永く守護せよとの祈りをこめ、自らの手で植えたといわれている。千年以上の風雪に耐えた老杉の霊気を受けると、長寿、病気平癒、身体健全、諸願成就が叶うといわれている。紅白の紐を通じて霊気を受ける作法となっている。


木々に囲まれてひっそりと佇む大師堂。


境内には仏様の足をかたどったとされる仏足石もある。

スポット情報

住所 徳島県鳴門市大麻町檜字段の上12
電話番号 088-689-1112

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラ15周年記念プレゼントキャンペーン
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter