Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. [10番札所]得度山 灌頂院 切幡寺/徳島県阿波市

観る・学ぶ
[10番札所]得度山 灌頂院 切幡寺/徳島県阿波市

掲載日:2018/06/21

  • LINEで送る

千手観音になった娘を祀る古刹

寺の開創は、遥か平安時代の古に遡る。弘仁6年(815)、弘法大師が旅僧姿で四国巡錫中に山麓に到った時、衣がかなり傷んでいた。近くの民家に繕いの布を求めると、家の中で機を織っていた娘が、織りかけていた布を惜しげもなく断ち切って差し出した。

この娘の行為に感動した大師は、「亡き父母のために観音像を」という娘の願いを聞き、一夜で千手観音像を刻むと、娘を得度させ、更に秘密灌頂を授けた。すると娘の身から七色の光明が放たれ、たちまち千手観音の姿に変わった。そこで弘法大師は嵯峨天皇に奉請して一寺を建立したのが、切幡寺の始まりである。

住所:徳島県阿波市市場町切幡字観音129
電話:0883-36-3010
宿坊:なし
駐車場:あり(無料、30台)境内まで徒歩約10分
アクセス:土成ICから国道318号を左折して鴨島町方面へ。県道12号を市場町方面へ行くと看板あり。約20分。
○切幡寺~藤井寺は車で約35分。

(提供:四国旅マガジンGajA)

境内

寺は切幡山の中腹、標高155mの所にある。山麓の山門から境内までの距離はかなり遠く、坂道と333段の石段が待っている。乗用車であれば、本堂がある境内の近くまで車を乗り入れることができるが、できれば一段一段、踏み締めながら上っていきたい。

境内には本堂、大師堂、その奥に、はたきり観音の銅像、鐘楼、大塔、不動堂がある。寺には2体の観音像があり、弘法大師作の千手観音を南向きに、女人即身成仏の千手観音を北向きに安置している。娘が化身した千手観音は、秘仏であるため公開されていない。


女人即身成仏の伝説で知られる寺。


333段の石段を上りきった先に本堂が見えてくる。

御詠歌/欲心をただ一筋に切幡寺のちの世までの障りとぞなる
本尊/千手観世音菩薩
真言/おん ばざら たらま きりく
宗派/高野山真言宗
開基/弘法大師


見どころ


切幡寺大塔
国の重要文化財に指定されている大塔。豊臣秀吉の子である秀頼が大阪の住吉神宮寺に寄進したもので、明治維新の時、神宮寺が廃寺となったため、第45世住職天佑上人が東西両塔あったうち、当時残っていた西塔を買い取った。それを明治6年(1873)から10年かけてこの地に移築した。


自然景観
山の中腹にあることから自然環境に恵まれ、四季折々の様々な表情を見せてくれるのがこの寺の特徴。山門から参道を上って行くと、のんびり森林浴を楽しみながら自然と親しむことができる。特に春の季節は梅や桜が咲き誇り、花の名所としても知られている。境内からの眺めも素晴らしい。


大師堂。この横にはたきり観音像がある。


ハサミと布を手にしたはたきり観音像。

スポット情報

住所 徳島県阿波市市場町切幡字観音129
電話番号 0883-36-3010

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんコンシェルジュ
  • でんかeプラン
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
Pikara WEB メール
お引越し手続き
お問い合わせ
障害情報
ピカラに関してよくある質問

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!