Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. [12番札所]摩廬山 正寿院 焼山寺/徳島県名西郡

観る・学ぶ
[12番札所]摩廬山 正寿院 焼山寺/徳島県名西郡

掲載日:2018/06/21

  • LINEで送る

怪しい大蛇の炎に包まれた焼け山

もともとは大宝年間に役行者小角が山を開き、蔵王権現を祀って結んだ一本杉庵。

この地に修行に訪れた弘法大師が疲れて一本杉庵の杉の木の下で眠っていると、夢の中に阿弥陀如来が現れ、周囲の異変を告げた。目を覚ますと、眼前は火の海。大師が身を清め、真言を唱えながら山を上ると、火は徐々に消えていった。

だが9合目あたりまで来ると、岩窟から大蛇が姿を現し、大師の邪魔をしようと向かってきた。その時、光とともに虚空蔵菩薩が現れ、大師はその力を借りて大蛇を封じ込めることができた。そして大師は自ら三面大黒天を彫り、岩窟の上に安置。本尊の虚空蔵菩薩を刻み、焼け山の寺と名付けた。

住所:徳島県名西郡神山町下分字地中318
電話:088-677-0112
宿坊:なし
駐車場:あり(300円、100台)表参道入口・境内まで徒歩約10分
アクセス:JR徳島駅から国道438号を神山町方面へ。城西高神山分校となりの雑貨店の横を右折し、山中へ。約1時間20分。
○焼山寺~大日寺は車で約1時間。

(提供:四国旅マガジンGajA)

境内

歩き遍路の昔から、「一に焼山、二にお鶴、三に太龍」といわれ、遍路道の中でも特に難所であった焼山寺。

国道からどんどん細い山道を上ってやっと辿り着く、標高938mの焼山寺山の8合目付近に位置するこの寺は、車で巡礼できるようになった今でも、四国八十八ヶ所霊場の中でもっとも険しいといわれている。

11番藤井寺からの遍路道は今も残っているが、そこは徒歩でしか通れず、山道を越えて約6~8時間もかかるというから、車のない時代のお遍路さんの苦労が偲ばれる。奥の院は境内から歩いて約1㎞の距離にあるので、足をのばしてみたい。


静寂な境内には独特の山の霊気が漂っているようだ。


山道を上ってたどり着く本堂は厳かな雰囲気。

御詠歌/後の世を思えば恭敬焼山寺死出や三途の難所ありとも
本尊/虚空蔵菩薩
真言/のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃまり ぼり そわか
宗派/高野山真言宗
開基/役行者小角


見どころ


杉の巨木
境内に足を踏み入れてまず驚くのは、杉の巨木の多さである。幹周り5m前後の巨木は県の天然記念物に指定されている。山門付近に約40本、本堂西南に約15本、そして、奥の院に至る山中に100本余りあるという。推定樹齢は約300年にもなり、どっしりとした老木は、焼山寺のシンボルとなっている。


三面大黒天
本堂に向かって左側のお堂に安置されているのは、弘法大師作と伝わる三面大黒天像。これは中央に大黒天、右面に毘沙門天、左面に弁財天と、3つの顔が刻まれている珍しい大黒天。3人の神様が一体化したことで、すべての災いを取り除き、幸福をもたらすとして人々の信仰を集めている。


新しく建て直された大師堂。


灯籠が並ぶ参道からは絶景が眺められる。

スポット情報

住所 徳島県名西郡神山町下分字地中318
電話番号 088-677-0112

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
  • シティハウジング
  • シティハウジング
  • シティハウジング
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter
LINE1周年CP