Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. [13番札所]大栗山 花蔵院 大日寺/徳島県徳島市

観る・学ぶ
[13番札所]大栗山 花蔵院 大日寺/徳島県徳島市

掲載日:2018/06/21

  • LINEで送る

一宮の本尊を祀るかつての別当寺

弘仁6年(815)、四国を巡錫中の弘法大師が鮎喰川を挟んで対岸にある「大師ヶ森」で護摩修法を行っていると、空中に紫雲とともに大日如来が出現。「この地は霊地なり、心あらば一宇を建立せよ」と告げられた。それを目にした大師はさっそく大日如来を刻んで本尊とし、堂宇を建てて安置した。

寺名もこのことにちなんでつけられたものだ。後に阿波の総鎮守である一宮神社が建てられた時には別当寺となり、管理にあたっていた。明治時代の神仏分離令により、一宮神社にあった行基作といわれる十一面観世音菩薩は大日寺に移され本尊となり、もとの本尊である大日如来を脇侍仏とした。

住所:徳島県徳島市一宮町西丁263
電話:088-644-0069
宿坊:あり(要予約)
駐車場:あり(無料、30台)境内まで徒歩約2分
アクセス:藍住ICから県道1号を徳島市内、国道192号の上鮎喰橋手前を左折。県道21号沿いの右手。約30分。
○大日寺~常楽寺は車で約10分。

(提供:四国旅マガジンGajA)

境内

道を挟んで向かい側は一宮神社。薬医門を入ると左手に本堂があり、門から右手、本堂の正面が大師堂となる。弘法大師が建立した本堂は天正年間(1573~1592)の兵火により焼失してしまったため、現在の堂宇は明治時代に再建されたものだ。

本堂前でやさしい笑みをたたえ、右手をあげて座っているのは撫で仏のおびんずる様で、願いを唱えながら撫でると叶えられるといわれている。

客殿は平成6年(1994)に総檜造りの2階建てに建て替えられたもの。宿坊も備えられており、遍路で疲れた体を心地良く癒やしてくれる。


親しみやすい境内には地元の参拝客も多い。


薬医門をくぐって左側にすぐ本堂が見える。

御詠歌/阿波の国一の宮とはゆうだすきかけて頼めやこの世のちの世
本尊/十一面観世音菩薩
真言/おん まか きゃろにきゃ そわか
宗派/真言宗大覚寺派
開基/弘法大師


見どころ


しあわせ観音
門を入って正面には、合掌している両手の形の厨子に納められた「しあわせ観音」が建っている。色鮮やかな衣を身にまとい、蓮を手にした美しい観音像で、しあわせを願ってお祈りすると良い事があるといわれている。しあわせ観音の裏側には小さな池があり、竜王像を取り囲むように七福神像が建っている。


薬医門
以前は向かいの一宮神社との間に道路はなく、山門が2つの境となっていたが、道路の開通により山門がなくなってしまった。それを復元してできたのが、平成18年(2006)に完成した薬医門だ。屋根の中心が前方寄りになっているのが特徴で、武家や医家の門として用いられることが多く、山門としては珍しい。


本堂の反対側にある大師堂。この裏に鐘楼がある。


本堂の左側に座っている、撫で仏のおびんずる様。

スポット情報

住所 徳島県徳島市一宮町西丁263
電話番号 088-644-0069

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
  • シティハウジング
  • シティハウジング
  • シティハウジング
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter