Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. [16番札所]光耀山 千手院 観音寺/徳島県徳島市

観る・学ぶ
[16番札所]光耀山 千手院 観音寺/徳島県徳島市

掲載日:2018/06/21

  • LINEで送る

古い町並みに溶け込む悠久の歴史

聖武天皇が諸国に命じて、国分寺、国分尼寺を創立させたのと同年の天平13年(741)、同じく聖武天皇の勅願道場として創立。

弘仁7年(816)に弘法大師がこの地を訪れ、等身大の千手観世音菩薩を刻んで本尊として、両脇侍に不動明王と毘沙門天を安置した。これは観世音菩薩の功徳と不動明王の威力、毘沙門天の授福にあやかるということで、焼山寺の三面大黒天などと共通した様式。

寺はその後、長宗我部軍の兵火によって焼失したが、万治2年(1659)に再建されて現在に至る。かつて阿波の国の中枢があった寺の周辺は、今は落ち着いた町並みとなり、昔ながらの田舎の風情を漂わせている。

住所:徳島県徳島市国府町観音寺49-2
電話:088-642-2375
宿坊:なし
駐車場:あり(無料、6台)境内まですぐ
アクセス:藍住ICから県道1号・国道192号を石井町方面へ。看板に沿って県道123号へ。約25分。
○観音寺~井戸寺は車で約15分。

(提供:四国旅マガジンGajA)

境内

境内は、鐘楼門を入った正面に本堂、右側に大師堂、本堂と大師堂の間に水子地蔵尊が祀られている。堂宇は江戸初期の建築様式の特徴が随所に見られ、建造物としても見ごたえ十分だ。

本堂には炎に包まれた女性が描かれた額が掲げられている。これは明治時代、淡路島から訪れた女性が雨に濡れた白衣を乾かしていた時に、焚き火が燃え移ったことに由来する。女性はかつて仲の悪かった姑を薪の燃え残りで叩いて、いじめたことがあったというのだ。弘法大師からその戒めを受けたのだと深く反省し、この絵を奉納したという。


商店や民家が建ち並ぶ中にある境内は、こぢんまりとしている。


本堂は鐘楼門を入ってすぐの正面にある。

御詠歌/忘れずも導きたまえ観音寺西方世界弥陀の浄土へ
本尊/千手観世音菩薩
真言/おん ばざら たらま きりく そわか
宗派/高野山真言宗
開基/弘法大師


見どころ


夜泣き地蔵尊
鐘楼門右の岩の中に納められた夜泣き地蔵尊は、子どもの夜泣きを止めてくれるという。困っている親たちだけでなく、小さな子どもが親と一緒に手を合わせる姿も見られる。夜泣き封じをお願いしてご利益にあずかった人たちは、お礼に新しいよだれかけを奉納する。お年寄りの安眠の願いも叶えてくれるそうだ。


鐘楼門
遍路道に沿っていくと、民家の中に一際目立つ鐘楼門が建っている。和様重層の堂々とした門は風格があり、往時の繁栄を偲ばせる。境内と外界との境を塀ではなく、寄進者の名を彫り込んだ石柱で切っているのも特徴。鐘楼門にあった鐘楼は、戦時中に供出されたままになっており、音色を聞くことはできない。


本堂横に建つ大師堂は歴史を感じさせる佇まい。


その昔、激しい雷に打たれても倒れなかったモチの木。

スポット情報

住所 徳島県徳島市国府町観音寺49-2
電話番号 088-642-2375

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
  • シティハウジング
  • シティハウジング
  • シティハウジング
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter