Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. [24番札所]室戸山 明星院 最御崎寺/高知県室戸市

観る・学ぶ
[24番札所]室戸山 明星院 最御崎寺/高知県室戸市

掲載日:2018/08/22

  • LINEで送る

厳しい修行の道場の始まりの寺

青年だった弘法大師が、悟りを開いた場所とされる室戸岬。その岬の頂上にある最御崎寺は、26番金剛頂寺の通称「西寺」に対して「東寺」と呼ばれている。

大同2年(807)、唐から帰朝した弘法大師は、再びこの地を訪れ、嵯峨天皇の勅願を受けて伽藍を建立する。その後も歴代の天皇から篤い信仰を受け、足利尊氏はここを土佐の安国寺として利生塔を置いた。

近世初期には落雷火災に遭い、堂宇を消失したが、元和年間(1615~1624)に土佐藩主・山内忠義の援助で僧・最勝が再興させた。明治の神仏分離令により堂宇は再び荒廃するが、大正時代に入り再興した。

住所:高知県室戸市室戸岬町4058-1
電話:0887-23-0024
宿坊:あり(要予約)
駐車場:あり(無料、50台)境内まで徒歩約5分、本堂より2分のところに有料駐車場あり
アクセス:芸西西ICから国道55号を室戸方面へ走り、室戸スカイライン沿い右手にある。約1時間20分。
○最御崎寺~津照寺は車で約15分。

(提供:四国旅マガジンGajA)

境内

ゆるやかな上り坂の参道を抜けると、亜熱帯植物の林に囲まれた仁王門にたどり着く。

境内に入ると、左手に土俵、右手には十一面観音菩薩像がある。菩薩像の後ろに広がる森は、国内でも珍しいシイの木に寄生するヤッコソウの群落地となっている。仁王門をくぐり境内を奥に進むと、左手に大師堂、右手には慶安元年(1648)に竣工した鐘楼堂がある。海の七不思議に数えられる鐘石は、境内のほぼ中央に鎮座する。

本堂の裏には遍路センターがあり、それを過ぎると急な下り坂となっていて、途中には小さなお地蔵さんが並ぶ「一言お願い地蔵」がある。


亜熱帯植物に囲まれた重厚な本堂。


大師堂の前には土俵が残されている。

御詠歌/明星の出でぬる方の東寺暗き迷いはなどかあらまじ
本尊/虚空蔵菩薩
真言/のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃまり ぼり そわか
宗派/真言宗豊山派
開基/弘法大師


見どころ


鐘石
境内のほぼ中央に置かれたこの石は、叩くと鐘のような高い音がするために鐘石といわれる。この音は極楽浄土まで届くとされ、弘法大師の七不思議に数えられている。鐘石の上に、それを叩くための小石が置かれているが、長年多くの人が叩いたせいか、その部分がくぼんでしまっているのが印象的だ。


大師伝説の残る岩
海岸線から最御崎寺に至る登山道には、弘法大師ゆかりの場所がある。大師が一夜にして建立したとされる「一夜建立の岩屋」から、少し上ったところにあるのが「捻岩」と呼ばれる洞窟。この洞窟には、大師の母君が訪れた際、嵐が起こったため、大師が風を静め、岩をねじ伏せたという伝説がある。


数々の寺宝が保存されている宝物館。


除夜の鐘の名所として知られる鐘楼堂。

スポット情報

住所 高知県室戸市室戸岬町4058-1
電話番号 0887-23-0024

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラ15周年記念プレゼントキャンペーン
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter