Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. [35番札所]医王山 鏡池院 清瀧寺/高知県土佐市

観る・学ぶ
[35番札所]医王山 鏡池院 清瀧寺/高知県土佐市

掲載日:2018/08/22

  • LINEで送る

急坂の先で薬師如来像が出迎える

養老7年(723)に行基が薬師如来を刻み開基した寺。当初は景山密院釈本寺と称していたが、弘仁年間(810~824)には弘法大師が巡錫し、7日間修法し、寺号を清瀧寺と改めた。弘法大師の高弟で、平城天皇の第3皇子高岳親王ゆかりの寺としても知られ、境内の一角に、親王が生きているうちに作った墓・逆修塔がある。

藩政時代には、土佐藩山内家の帰依が厚く、寺領10石ともいわれ、七堂伽藍を備えるほど大いに栄えた。一時は衰退したというが、現在では厄除けの名刹として知られる。境内のお堂に安置されたお地蔵さんは、婦人病の平癒祈願にご利益があるとして、多くの人が参拝する。

住所:高知県土佐市高岡町丁568-1
電話:088-852-0316
宿坊:なし
駐車場:あり(無料、約20台)境内を利用
アクセス:土佐ICから国道56号バイパスで須崎方面へ。一つ目の信号を右折して道なりに走ると正面。約10分。
○清瀧寺~青龍寺は車で約50分。

(提供:四国旅マガジンGajA)

境内

のどかな文旦畑が広がる清瀧山の中腹に位置する清瀧寺。仁王門には、明治33年(1900)の画家・久保南窓作による龍の天井画があり、一礼して境内に足を踏み入れると、身の引き締まる思いに。

また、境内に駐車場があるので、車でアクセスできる。駐車場右手奥にあるトイレの屋根の上は展望台に活用され、清流・仁淀川が太平洋に注ぎ込む雄大な風景を望むことができる。

境内の真ん中には高さ12mにもおよぶ巨大な薬師如来像がたち、参拝者を出迎えてくれる。本堂と大師堂は石段を上がって左右に並んでいる。


正面に建つ大きな薬師如来像が目をひく境内。


屋根の曲線が優美な雰囲気を醸し出す本堂。

御詠歌/澄む水を汲めば心の清瀧寺波の花散る岩の羽衣
本尊/厄除薬師如来
真言/おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
宗派/真言宗豊山派
開基/行基菩薩


見どころ


八丁坂
徒歩の場合、寺まではかなり厳しい傾斜のへんろ道を登らなければならない。そこで「登る人の気持ちを和ませたい」という思いから、一丁ごとに道案内の石仏が置かれ、それが八丁あるから八丁坂と呼ばれるようになった。地元ではこの坂を駆け上がるトレーニングコースとしても利用されており、「流汗坂」の別名も。


厄除けの薬師如来像
高さ12mもある薬師如来像の下には胎内めぐりがあり、御真言を唱えながら胎内めぐれば、厄除けにご利益があるとされる。そのため、多くの人が胎内めぐりに訪れる。内部は大人一人がやっと通れるくらいの狭い階段が108段。入り口には白く矢印が示されており、あとは暗い中を手探りで進んでいく。


本堂と並んで建つ大師堂も荘厳な姿。


境内からは清流・仁淀川と太平洋が見渡せる。

スポット情報

住所 高知県土佐市高岡町丁568-1
電話番号 088-852-0316

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter