Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. [37番札所]藤井山 五智院 岩本寺/高知県高岡郡

観る・学ぶ
[37番札所]藤井山 五智院 岩本寺/高知県高岡郡

掲載日:2018/08/22

  • LINEで送る

大師の七不思議が伝わる高原の寺

天平年間(729~749)、聖武天皇の勅願により行基が開基した。当時は仁井田大明神の別当として福圓満寺と称していた。行基はこの地に天の七星を象徴した仁井田七寺を建立したとされ、福圓満寺はその根本寺にあたる。弘仁年間(810~824)には弘法大師がこの地を訪れ、さらに5社5寺を建立。一の宮に本地仏の不動明王、二の宮(今宮)に観世音菩薩、中の宮に阿弥陀如来、四の宮に薬師如来、森の宮に地蔵菩薩を安置した。

その後天正年間(1573~1592)には兵火などにより衰退するが、その後再興。岩本寺と名を改める。本尊は5体あり、それぞれの真言を唱える必要がある。

住所:高知県高岡郡四万十町茂串町3-13
電話:0880-22-0376
宿坊:あり(要予約)
駐車場: あり( 協力金、20台)境内まで徒歩約5分
アクセス:四万十町中央ICから国道56号・381号を四万十町役場方面へ。約10分。
○岩本寺~金剛福寺は車で約2時間。

(提供:四国旅マガジンGajA)

境内

標高280mを超える高原の町・四万十町の旧市街地の中心部にある。仁王門の前は門前町の雰囲気が漂う。町中にありながら、たまに近くを通るJRの列車の音以外、静寂に包まれた境内が広がる。

仁王門をくぐると右手に歓喜天堂、境内ではもっとも古くに建てられた大師堂、本堂の順に並ぶ。この寺には、弘法大師にちなんだ七不思議がある。大師の霊力で1年に3回も実るようになったという栗の木「三度栗」や難産の女性を大師が桜の木で加持して安産させた「子安桜」など、境内に今もなお残るものもある。


昭和53年(1978)に建立された本堂。気軽に中まで入ることができる。


簡素な造りだが趣ある大師堂。

御詠歌/六つのちり五つの社あらわして深き仁井田の神のたのしみ
本尊/阿弥陀如来・観世音菩薩・不動明王・薬師如来・地蔵菩薩
真言/阿弥陀如来:おん あみりた ていせい からうん・観世音菩薩:おん あろきりゃ そわか・不動明王:のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ そはたや うん たらた かん まん・薬師如来:おん ころころ せんだり まとうぎ そわか・地蔵菩薩:おん かかか びさんまえい そわか
宗派/真言宗智山派
開基/行基菩薩


見どころ


本堂の天井絵
一見、落ち着いた雰囲気が漂う本堂だが、一歩中に入ると天井一面に広がる鮮やかな絵に驚く。この天井絵は575枚あり、プロ、アマチュア約400人が参加して奉納したもの。洋画、日本画、水彩画、水墨画、ちぎり絵と種類も様々。仏様やマリリン・モンローなどテーマも多彩で、見ていて飽きない。


歓喜天堂
大師堂の前に建つ歓喜天のお堂は、平成8年(1996)に落成した建物。木造でありながら円形という珍しい造りとなっている。本尊は大聖歓喜自在天で、歓喜天や聖天といった名でも知られている。商売繁盛、夫婦円満、子授け祈願、病悩祈願などにご利益があるといわれる。頭は象、体は人間の形をしている。


門前町の雰囲気漂う商店街にある仁王門。


鐘の横に建つ修行大師像。

スポット情報

住所 高知県高岡郡四万十町茂串町3-13
電話番号 0880-22-0376

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんコンシェルジュ新規入会キャンペーン
  • でんかeプラン
ピカラタウンのLINE
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
Pikara WEB メール
お引越し手続き
お問い合わせ
障害情報
ピカラに関してよくある質問

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!