Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. [80番札所]白牛山 千手院 國分寺/香川県高松市

観る・学ぶ
[80番札所]白牛山 千手院 國分寺/香川県高松市

掲載日:2018/12/20

  • LINEで送る

千年の歴史を伝える讃岐国分寺

天平13年(741)、聖武天皇の勅願により全国に建立された国分寺の一つ。行基が十一面千手観世音菩薩像を安置して開基した。

その後、弘法大師が本尊や伽藍を補修し、霊場に定めた。当時は東西220m、南北240mの広大な寺域をもち、金堂や鐘楼、七重塔、僧房などが建ち並ぶ大寺院であった。戦国時代には兵火にかかり、本堂と鐘楼を残して焼失。後に讃岐国守の生駒家や高松藩主松平家によって庇護された。

境内には、国の重要文化財や史跡に指定された入母屋造りの本堂や旧金堂の礎石があり、往時の隆盛を今に伝える。北東2kmの場所には国分尼寺跡(現法華寺)がある。

住所:香川県高松市国分寺町国分2065
電話:087-874-0033
宿坊:なし
駐車場:あり(無料、20台)境内まで徒歩約1分
アクセス:高松西ICから県道12号・国道11号・県道33号。約15分。または高松檀紙ICから国道11号、県道179号・33号。
○國分寺~白峯寺は車で約35~40分

(提供:四国旅マガジンGajA)

境内

JR予讃線「国分駅」から歩いて7分ほど。見事な枝ぶりの松に迎えられ、仁王門をくぐると、参道の両側には八十八ヶ所本尊の石仏が並んでいる。

正面に佇むのは鎌倉中期の建築で、国指定の重要文化財である本堂。欅の一木造りの本尊は、60年に一度開帳される。本堂に向かって右手には多宝塔形式の大師堂が見える。大師堂は中門をくぐり、塀の向こうの拝殿(納経所)からお参りする。

境内には地蔵堂や閻魔堂、縁結社など様々なお堂や社が点在。松盆栽で知られる土地柄からか、高さ20mを超すクロマツなどの立派な松が目を楽しませてくれる。


境内には見事な枝振りの松が生い茂っている。


鎌倉時代に再建された入母屋造りの立派な本堂。

御詠歌/国を分け野山をしのぎ寺々にまいれる人を助けましませ
本尊/十一面千手観世音菩薩
真言/おん ばざら たらま きりく
宗派/真言宗御室派
開基/行基菩薩


見どころ


梵鐘
創建当時に鋳造された銅鐘は四国最古級といわれ、国の重要文化財。昔、百々渕にいた大蛇がかぶっていたものを、弓の名人が退治し寺に寄進したという伝説を持つ。また、生駒一正が高松城に持ち帰ったが、鐘は鳴らず、悪病が流行。毎夜、鐘が夢に「いぬ(帰る)、いぬ」と現れ、慌てて返したという話もある。


金堂跡礎石
参道脇に点在する石は、讃岐国分寺旧金堂の礎石。33個がほぼ原位置で残っており、これをもとに復元すれば東西28m、南北14mの建物となる。その規模は奈良の唐招提寺の金堂に等しい。地蔵堂前には塔跡の礎石15個があり、高さ63m、1辺10mの七重塔であったと推測される。いずれも国指定の史跡。


優美な印象の大師堂は納経所の奥に佇む。


仁王門の前には手入れの行き届いた松が伸びる。

スポット情報

住所 香川県高松市国分寺町国分2065
電話番号 087-874-0033

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter