Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. [86番札所]補陀洛山 清浄光院 志度寺/香川県さぬき市

観る・学ぶ
[86番札所]補陀洛山 清浄光院 志度寺/香川県さぬき市

掲載日:2018/12/20

  • LINEで送る

命の再生を願う閻魔信仰の寺

国の重要文化財「志度寺縁起絵図六巻」によれば、推古33年(625)、薗子という尼が霊木を仏師に彫らせ、閻魔が建てたお堂に本尊として安置した。そこに天武10年(681)、藤原不比等が妻のためにお堂を整備し、「志度道場」と名付けたのが始まりとされる。

その後、持統7年(693)に不比等の息子房前(ふささき)が行基と共に堂宇を拡張、寺は僧侶の学問所や信者の修行の場となった。

また、房前は父母の慈愛に感謝して、千基の石塔群も造立しており、一部が海女の墓として残されている。江戸時代には、志度出身の平賀源内を長崎に遊学させるため、当時の住職が尽力したことでも知られる。

住所:香川県さぬき市志度1102
電話:087-894-0086
宿坊:なし
駐車場:あり(無料、50台)裏門横、お寺の海側。いずれも境内まですぐ
アクセス:志度ICから県道141号・国道11号を経由し、県道3号との交差点を右折。約5分。
○志度寺~長尾寺は車で約15分

(提供:四国旅マガジンGajA)

境内

運慶作とされる仁王像を納め、日本有数と称えられる見事な仁王門は、高松藩主松平頼重が、寛文10年(1670)に寄進したもの。門を抜けると、歴史ある境内が広がる。左手には五重塔がそびえ、庫裡、書院が並ぶ。

参道を左に曲がると、本尊と共に重要文化財に指定されている本堂があり、そばに大師堂、閻魔堂、薬師堂へと続く。閻魔堂には「志度寺縁起」に描かれている閻魔が祀られている。一度あの世に行った人が閻魔の命によって蘇生する物語は、今も人々を惹きつけてやまない。

他にも曲水式庭園、歌舞伎や浄瑠璃にもなった「お辻の井戸」など、見どころは多い。


地元出身の竹野二郎により、広島県の明王院五重塔(国宝)を模して建立された五重塔。


本堂、仁王門ともに松平頼重が寄進したもの。

御詠歌/いざさらば今宵はここに志度の寺祈りの声を耳にふれつつ
本尊/十一面観世音菩薩
真言/おん まか きゃろにきゃ そわか
宗派/真言宗善通寺派
開基/藤原不比等


見どころ


海女の墓
藤原北家の祖・房前が母・海女の供養のために造立した千基の石塔群の一部とされる。約20基が並んでおり、そばには高浜虚子の長男、高浜年尾の「盆に来て海女をとむらふ心あり」の句碑も建つ。また、海女の命日にちなみ、毎年7月16日に行われる本尊のご開帳の際には、多くの参拝者で賑わう。


無染庭(むぜんてい)・曲水式庭園
書院南の「無染庭」は、7つの石と白砂で海女の玉取り伝説を表現した枯山水の庭。3000坪もの広さがある「曲水式庭園」は、室町時代の四国管領細川氏が代々寄進して作庭させたもので、京都龍安寺の枯山水石庭も手がけた細川勝元の手によって完成された。庭園の一角には「お辻の井戸」がある


冠に10の仏頭をのせた閻魔像を祀る閻魔堂。


仁王門の仁王像は運慶による東大寺仁王像の習作と伝わる。

スポット情報

住所 香川県さぬき市志度1102
電話番号 087-894-0086

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラ15周年記念プレゼントキャンペーン
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter