Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 観る・学ぶ
  4. [87番札所]補陀洛山 観音院 長尾寺/香川県さぬき市

観る・学ぶ
[87番札所]補陀洛山 観音院 長尾寺/香川県さぬき市

掲載日:2018/12/20

  • LINEで送る

静御前をまつる「お観音さん」

天平11年(739)、この地を訪れた行基が柳の木で聖観音像を彫り、安置したのが始まりとされる。

大同年間(806~810)、入唐にあたって弘法大師が訪れ、年頭七夜の護摩祈祷を行った。帰国後、入唐の大願成就を感謝した大師は、大日経一字一石の供養塔を建て、堂宇を建立した。

その後、寺運は栄えるも、戦乱により諸堂を焼失。慶長年間(1596~1615)、讃岐国守の生駒一正によって再興された。

さらに後には高松藩主松平頼重により庇護され、松平家の祈願寺となる。源義経の側室である静御前が得度した寺との言い伝えもあり、長尾寺には静(宥心尼)の位牌が残っている。

住所:香川県さぬき市長尾西653
電話:0879-52-2041
宿坊:なし
駐車場:あり、納経所横・境内まですぐ
アクセス:志度ICから県道141号・3号経由で長尾方面へ。約20分。
○長尾寺~大窪寺は車で約40分

(提供:四国旅マガジンGajA)

境内

仁王門前に左右一対で建っている経幢(きょうどう)の間を通り、門を抜けると、参道横に香川の保存木である楠がそびえ立つ。正面には平成19年(2007)11月に屋根瓦を葺き替えられた本堂が建ち、向かって右側に大師堂、左側に護摩堂が配置されている。

本尊は聖観世音菩薩。度重なる戦乱や火災にも不思議に残ることから、松平頼重に「当国七観音随一」と指定され、秘仏として祀られている。

長尾の商店街にも近く、町の人からは「お観音さん」と親しまれており、境内は地域のコミュニティの場としても利用されている。


境内は地域交流の場にもなっており、行事で賑わう。


松平頼重が建立した本堂は葵紋入りの丸瓦が残る。

御詠歌/あしびきの山鳥の尾の長尾寺秋の夜すがらみ名をとなえよ
本尊/聖観世音菩薩
真言/おん あろりきゃ そわか
宗派/天台宗
開基/行基菩薩


見どころ


経幢
経幢とは写経を埋めた上に立てるもので、仁王門前に左右一対で立っている。東側のものには「弘安九年五月」、西側には「弘安六年七月」の銘があり、元寇出征将兵の霊を慰めるためにたてられたものとされている。鎌倉時代より栄えた名刹の歴史を物語る貴重なもので、重要文化財に指定されている。


静御前剃髪塚
吉野山で源義経と惜別した静御前(宥心尼)は、母の磯野禅師(磯禅尼)と共にこの古里に帰って当寺で得度した。その際、剃髪して落とした髪を埋めて祀ったといわれるのがこの髪塚。その後、静は近くの井戸中代というところに庵を結び、義経の形見である薬師如来を安置したと伝えられている。


大師堂は大正初期に再建されたもので、比較的新しい。


仁王門に近い楠は、香川の保存木にも指定されている。

スポット情報

住所 香川県さぬき市長尾西653
電話番号 0879-52-2041

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラ15周年記念プレゼントキャンペーン
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter