Pikaratownピカラタウン

文字サイズを変える
小
中
大
  1. トップページ
  2. おでかけスポット
  3. 買う・名産品
  4. 福永鮮魚店/徳島県那賀郡

買う・名産品
福永鮮魚店/徳島県那賀郡

掲載日:2020/06/30

  • LINEで送る

山間の店で待つ海のべっぴんさんたち

那賀町の山間部にある国道沿いの個人スーパー。土地柄、野菜や米などの商品が多いのだろうかと予想していたが、それは間違いだった。店内の左角には、氷漬けにされて発泡スチロールに入った魚介たちが整列し、お客さんを待っていた。『福永鮮魚店』の発端は今から50年前。当時は国道の裏側が那賀町のメイン道路であり、商店街として栄えていたそうで、ここで『福永商店』として産声を上げた。「開業当時から鮮魚にも力を注いできました。山で住むからこそ新鮮な海の幸はお客さんに喜んでもらえると思ったんです」。当初から魚は20~30種類を仕入れており、山の中にある店としては豊富な品ぞろえ。20年前に国道沿いに移転して、名も『福永鮮魚店』と改め、より一層自慢の魚を中心とした店づくりをしてきた。

住所:徳島県那賀郡那賀町小仁宇舟津ノ上35-1
電話:0884-62-2269
営業時間:8:30~19:30
定休日:無休
駐車場:10台
ポイントカード:有(無料)
特売日:なし
総菜割引:なし

(提供:Geen)

※2020年4月時点の情報です。

仕入れを担当するのは店長・福永さん。毎日、早朝から車を走らせ、阿南市の椿泊漁協・橘仲介人組合・牟岐町の『泉源水産』から“最高にべっぴんの魚たち”を連れて帰ってくる。取材時には丸々と太ったアジやサバ、身が引き締まっているのが一目でわかる本ガツオ、澄んだ目をした美しい天然鯛などが並んでいた。

その日に仕入れた魚は、奥の調理場で手作り総菜にも変身。サバの塩焼きや魚のフライはテッパンで、日によっては変わりダネも登場。この日はカマスのフライがあったが、昼前に早々に売り切れ! 魚売り場の真横は専用の作業場。軽く首をのばしてみると、作業場ではマグロがまな板の上に寝ころび、若きスタッフが手際よくさばいていた。「作業場が見えるようになっているのは、お客さんに安心してほしいから。売り場に並ぶまでの工程が分かると、より強い信頼を得られるとも思っています」と、チーフの庄野さん。その気持ちはしっかりと通じているのだろう、「今日の魚もきれいわ」という主婦の会話が聞こえてきた。那賀町の魚売り場といえばここ、という地位は50年の歳月をかけてゆるぎないものになっているのである。


店内奥でお客さんを待つ魚たち。これからの時期はカツオや鯛がおすすめとのこと。価格は時価によって変動。


ぷりぷりとした歯ごたえのよい[鯛刺身](598円※税抜)はあっさり系。噛む度に鯛本来のだしが出てくる。


ねっとりと濃厚な味わいが口に広がる[かつお刺身](598円※税抜)。わさびの刺激がいいアクセントに。


魚売り場の横にある作業場では、魚を刺身用にさばいたり、パック詰めをしたり。慣れた手つきで進めていく。


鮮魚店だが[焼き鳥](1本100円※税抜)も大人気。毎月第1・3水曜と木曜は、目玉商品があるので要チェック!

スポット情報

住所 徳島県那賀郡那賀町小仁宇舟津ノ上35-1
電話番号 0884-62-2269

他のおすすめスポット

pagetop

先頭へ戻る

ピカラタウンのLINE
ピカラWEB申込キャンペーン
  • MyBook
  • Benry
  • よんでんプラザ
  • よんでんコンシェルジュ
ピカラ会員の方はこちら
Myピカラ
ピカラWebメール
ピカラの詐欺対策
お問い合わせ
障害情報
お客さまサポート

ピカラメンテナンス情報

スマホ版ができました!!

ピカラ Official SNS

ピカラ公式line ピカラ公式facebook ピカラ公式twitter